知っ得!不動産担保ローンの豆知識

運営資金を調達方法として、不動産を担保にしたローンが一番適当?

「不動産 担保 ローン」の事に関する情報サイトです。
会社の運営資金作りには、不動産を担保にしたローンという方法もあります。どのようなものか他の方法も含めて紹介します

運営資金を調達方法として、不動産を担保にしたローンが一番適当?

運転資金や設備投資に必要な大きなお金は、究極のところ不動産を担保にしたローンがもっとも安全で現実的です。

資金作りについてお話ししましょう。

◆他の資金調達法はあまり現実的ではない。

たとえばベンチャービジネスなどでは、ネットを通じて一般の人から資金を募ったり、最近では私募債を発行して映画製作のための資金を集めたりといったことも新たな方法として注目を集めています。

しかしこれを行うためには一定のプロセスが必要であり、それなりの条件が整わないと無理です。

資金調達にはかなりの時間がかかりますので、「会社の運営資金」といったものとは別次元のものです。

たとえば1,000万円とか2,000万円といった運営資金を期日までに準備したいという目論見があるなら、それはやはり不動産を担保にしたローンしかないでしょう。

◆融資後の資金の使い道が自由で実行性が高い。

会社の設備投資や事業拡大のための資金など、経営者であれば資金作りに悩まされることも少なくありません。

社員の給与を支払うための運転資金でも、200万円、500万円、1,000万円といった資金が必要になります。

不動産を担保にしたローン(不動産担保ローン)のいいところは、融資後の資金の使い道に制限がないことです。

しかも担保物件の審査申込みから融資実行までは極めて短期間なので、決心がついてから10日もあれば手元に現金が送られてきます。

ただし担保不動産に問題がなく、与信審査がスムーズに通った場合です。

◆不動産を担保にしたローンは、他の資金調達方法にくらべて手堅く現実的なものです。

無駄遣いせず健全に運用すれば安全性も高いです。

不動産を担保にしたローンでも、銀行か消費者金融系か、ビジネスローン系かによって貸出金利が異なりますので選び方には慎重を期してください。

《金利参考》不動産担保ローン-金利4.1%より全国対応|ABCサニー

あとは借り手の節制と返済計画次第です。